大切な恋人や、友人以上恋人未満の気になる相手が誕生日を迎えることとなった場合、お祝いがてら二人で外食デートをしたいと考えている方もいるでしょう。

相手の誕生日が思い出に残るものとなるように、高級なレストランなどを予約しようと考える方もいるでしょうが、気取らないデートにするために居酒屋を利用するのはいかがでしょうか?

高級な所に行きなれていない場合に高級なレストランや料亭などは緊張感がありますが、居酒屋ならばフランクに気軽に話をしたり、料理を楽しめたりできます。

今回は、誕生日をお祝いする際の相手への配慮のポイントや、誕生日デートに居酒屋を利用する際の注意点についてご紹介します。

誕生日デートをする際に大切なこと

誕生日デート

すでに親密な関係が構築できている恋人や配偶者ならばいざ知らず、これから関係が発展することを期待している相手との誕生日デートとなれば、並々ならぬ気合で挑むという人も少なくありません。

もちろん、そういった相手と特別な時間を過ごすことができる人全員が大きなイベントだと認識しているわけではなく、場合によっては「大衆居酒屋で時間を過ごす」という選択をする人もいます。

恋人同士ならば、「せっかくの誕生日なのだから」という考えに至る人が少なくありません。

年に一度の記念日だということに託けて、美味しい料理や楽しく過ごせるプランを実行しようと思うわけですが、それは本人が望んでいることなのかどうかがとても大切です。

相手のことを思う気持ち

お互いに共通認識のもとにイベントを企画して盛大に演出するような状況であれば良いのですが、サプライズプレゼントを企画するつもりで一方的な思いを押し付けてしまうのは考え物です

すでに何度も誕生日を経験している間柄ならば、あえて「特別なことをしない」という選択肢もあります。

今後も長く一緒にいることが(ほぼ)確定している状態で細かなお祝いをして喜んでくれる相手ならば良いのですが、そういったことが鬱陶しく感じるようになってしまう可能性もあります。

もしも相手がそういう印象を持つようになってきた場合には、あえて簡単なお祝いで済ませるというのも一手です。

ただし、これは状況によっても大きく変わります。

自分が一方的に思いを寄せている片思いの相手とならば、他の何をおいても優先したいと思えるほど重要なイベントだと認識してしまっても不思議ではありません。

基本的なシチュエーションからサプライズな演出、プレゼントに至るまでを緻密に計算し、飲食店すらも巻き込んで大掛かりな演出を行うことすら珍しくはありません。

しかし、これを交際歴が長くなっても、結婚しても継続していける人は多くないのが現実です。

だからこそ結婚後も長く相手のことをお祝いする気持ちを持ち続けることができる人は、相手から深い信頼を得られる可能性が高いです。

仮にエスコートする内容が陳腐なものであっても、相手が「自分のことをしっかりと考えてくれている」という事実に満足できるような出来た人間ならば、何も気にすることなく「おめでとう」という気持ちを表現することに終始すれば十分です。

居酒屋選びは慎重に

誕生日に居酒屋デートを選択する関係性は、すでに一定の交際期間もしくは結婚期間が過ぎている可能性が高いですが、これから親密な関係になりたい相手でもけっして不適切な選択肢ではありません

むしろ、そういったフランクな環境でお祝いすることで一気に親密さが増し、そのままの流れで交際に発展する可能性も十分にあります。

ただ、どのような居酒屋でも良いのかというとそうではありません。

あくまでも状況によりますが、「一定のクオリティ」を満たしていることがとても重要です。

特に、料理の美味しさは重要なので、しっかりとリサーチしておく必要があります。