ホールの仕事

夕方ごろから出勤してお店の準備から片付けまでの仕事を行う居酒屋でのアルバイト。

夕方から深夜のお仕事ということで時給が他のアルバイトと比べても高く、シフト制であるため時間管理もしやすそうなイメージがありますよね。

「新しい仲間募集中」などの貼り紙を居酒屋の店内で見かけたり、求人誌やインターネットの求人広告で見かけたりすることが多く、興味を持っている方もいるのでは?

ただ、実際に居酒屋でアルバイトを始めるとすると、「どんな仕事をするのか」「意識すべきことはどんなことなのか」など不安に思うこともあるでしょう。

今回は、居酒屋のアルバイトの具体的な仕事内容や、居酒屋のアルバイトの良いところについてご紹介します。

ホールの仕事

居酒屋店員

居酒屋のアルバイトにはホールの仕事とキッチンの仕事があります。

ホールでは、お客様を席まで案内し、注文を取り、オーダーされたものを運び、会計の清算をしまたホール内の清掃などをするのが主な仕事になっています。

お店から出されるマニュアルに従って、それぞれの仕事をこなすことが要求されますが、ホールの仕事で一番大事なのは、お客様に笑顔で接し楽しい気分で食事をしてもらうことです。

それにより、リピーターのお客様も増えることになります。

接客経験があれば優遇されます。

キッチンの仕事

キッチンの仕事居酒屋のもう一つの仕事はキッチンでの仕事ですが、ここでは正確さとスピードが要求されます。

また、力仕事もあるので、男性の方に適した仕事だと言えるかもしれません。

お店によっては、料理の時間に基準が決められているところもあります。

キッチンハンドの仕事が多いですが、料理のアイデアを募ったり、実際に料理をさせてくれたりするところもあります。

できる仕事が増えていくと時給も上がっていきます。

キッチンの場合に有利なのは、調理経験や調理師免許があることですが、なくても採用は可能です。

居酒屋のアルバイトの良いところ

居酒屋店員

居酒屋のアルバイトの良いところは時給が高いことで、短時間でまとまったお金を稼ぎたいという人にはぴったりの仕事です。

もちろん全国的なチェーン店になると、いろいろ厳しい規定もありますが、そうでないところでは、時間的にフレキシブルに対応でき、特に学生の場合など、急に予定が入ってきても自分の生活に合わせ、希望するシフトが組めるところも多くなっています

以上のように、居酒屋は、アルバイトとして働きやすい条件を備えているため、実際に居酒屋でアルバイトをした人へのアンケートでは、「料理が好きになった」「料理が上手になった」「長く付き合える友達ができた」「チームワークを経験できた」というような好意的な感想が聞かれます。

しかし、居酒屋は何といっても、おいしい料理と楽しい雰囲気で人を和ませるところですから、常に活気に満ちた場所だと言えます。

そんなところでアルバイトをしたい人にとって居酒屋は最高の場所だと思います。