新潟の有名な観光名所の一つと言えば「萬代橋」です。この橋は新潟市内を流れる信濃川にかかる橋で綺麗なアーチ状の石橋となっています。鉄筋コンクリート造の6連アーチで、県のシンボルともされています。そして橋梁デザインでも美しく価値が高いということから、平成16年に国の重要文化財の一つとなりました。夜になると灯りがともり、幻想的な風景となります。

そんな萬代橋には市民とともに過ごしてきた歴史があります。まず、初代の萬代橋は明治19年に完成しました。当時、信濃川の下流域には橋がなく、この完成は新潟市民の交通の便をより良くしました。そしてこの時はまだ木製で有料の橋でした。しかし、明治33年に県が買い取ることで無料となったのです。これにより誰もが利用できる便利な橋となりました。

しかし、明治41年の新潟大火により、この橋は半分以上が焼け落ちてしまいました。すでに市民の暮らしに深く根付いていたため、この橋が使えなくなるということは生活に大きな痛手でした。そのため、県はすぐに修繕に着手し、明治42年には2代目の橋が完成したのです。

そして大正11年に信濃川が流れる大河津分水路の改修により川幅は今の3分の1になりました。この時に萬代橋を永久橋とすることにし、昭和4年に鉄筋コンクリート製で今のアーチ型のデザインとなったのです。

安全で美しい橋

このように、この橋は市や川の変化と共に移り変わり、三代目の橋となったのです。そして誰もが使いやすく、強さを補強するためにさらに改修したのが平成16年です。

この際に車道と歩道の間に照明灯を設置し、橋の側面にも明かりを取り付けました。そして、歩道部分は御影石にし、冬の交通対策に融雪装置を設置しました。これにより凍結しがちな冬も安心して利用することができるのです。さらに毎年の点検や5年に一度の裏面調査もしています。これにより、安全で美しい橋を保っているのです。

そして、この橋には実は長く後世に残していこうという意味合いがあります。萬代(よろづよ)とはその名の通り、よろづよまで遺していこうという意味を持ってつけられました。

クルージングで観光を満喫

そんな萬代橋は昼間はその壮大な姿を見ることができますが、観光で訪れるなら夜もおすすめです。石橋に明かりが灯る様は幻想的です。そして、この橋にはまた異なる観光の仕方もあります。水上バスも通っているので、のんびりクルーズしながら下からの景色を眺めることもできます。

このように、新潟観光の際は歴史ある萬代橋を訪れてみることをおすすめします。見た目はアーチ状の美しい橋ですが、実際に歩いてみると大きく長い橋です。また、水上バスで市内観光をしながら下側からの景色も眺められますし、夜は明かりの灯る温かい雰囲気の橋を見ることができます。

また、そんな橋の歴史を新潟市歴史博物館で知ることができます。こちらの博物館も昔ながらの趣ある建物なので、観光スポットとしておすすめです。