会食や接待には個室居酒屋

重要な取引先や会社関係者を相手にした接待や会食では、お店の選び方次第で相手からの印象が良くも悪くもなってしまうため慎重さが必要です。

最近では、割烹や料亭といった高級で堅苦しさのある場所以外にも、周りに配慮した雰囲気の良い完全個室の居酒屋を利用する方が増えています。

今回は、接待や会食で使われる個室酒屋の特徴やメリット、予約前に確認しておくことについてご紹介します。

接待や会食では完全個室の居酒屋がおすすめ

個室で接待や商談お仕事の商談などをおこなうことを目的として飲食店を利用する場合、接待や会食などの利用を推奨している完全個室の居酒屋がオススメです。

居酒屋でも個室あり、といったお店と完全個室というお店と存在しており、個室ありの場合であると周りは囲まれているが天井部分が筒抜けになっており、大きな声で盛り上がったりしていると周りに聞こえてしまう可能性があります。

その点、完全個室の場合には廊下や隣の個室などと完全に仕切られておりますので、話し声が漏れてしまうリスクは軽減されます。

食事しながらもお仕事の話になりますので、完全個室を利用する方が相手にも気を使わせることが少なくなります。

また、周りを気にすることなく必要な時には仕事の資料を広げたり、パソコンを出してデータを確認したりすることも可能であるため、商談が捗りやすくなるメリットもあります。

それに、誰にも話を聞かれない状況であれば、仕事の話のほかにもこれまで聞いたことのない貴重な話や新たな仕事の話などを聞ける可能性があるため、部屋の選び方は慎重にしましょう。

場所や提供している料理、利用可能人数、割引クーポンなどはグルメ情報誌やインターネットなどで情報を取得することができて便利です。

お酒を飲んでスムーズな商談を

お酒をのみながら商談相手先の会社や会議室での商談とは違い、お互いが一緒に食事して場合にはお酒を飲むことにより、いつもとは違う和やかな空気の中商談することによってお互いがより打ち解けることができます。

また、お店を気に入ってもらうことにより、相手先に良い印象を与えることができますので、商談の成功率が上がる場合もあります。

近年の居酒屋はお酒を楽しむ以外に、料理にも力を入れているお店も多く存在しており、お肉をメインにしているお店やお魚をメインとしているお店、旬の食材を使ったお店、地方の料理などバリエーションも多彩です。

相手先の方の好みを事前に聞きだし、把握しておくことでお店選びもスムーズに進みます。

居酒屋によっては、電話やインターネットなどで事前予約を取ることもでき、コース料理などをあらかじめ設定しておくことにより大体の料金なども事前に把握することも可能です。

お店によっては、インターネット上に予約が可能である日にちを掲載しているお店も存在しております。

また、タバコを吸う方などが存在する場合には喫煙出来るかどうかなどの情報もあらかじめ取得することも出来ます。