接待に適した居酒屋選び

大切な取引先や会社関係者の人を接待するとなった時、頭を悩ませるのがお店選び。

最近では、料理の質が高く個室を設置している居酒屋が増えていることから、居酒屋で接待をする方も増えています。

ただ、居酒屋を利用するにしても、相手の年齢や性格、雰囲気などが合わないお店を選んでしまうと、商談や関係に大きな影響を与えてしまいかねないので注意が必要です。

せっかく頭を悩ませて選んだお店なのですから、できれば相手に喜んでもらって明るい雰囲気で商談や接待を成功させたいところ。

そこで、今回は、仕事の接待で居酒屋を利用する際のお店選びのポイントや注意点についてご紹介します。

仕事の接待ではお店の雰囲気を重視する

仕事の接待ではお店の雰囲気を重視する

仕事の接待で重要になってくるのが、お店の雰囲気です。

特に、居酒屋などを使用する際は、接待するお客の性格や業種や立場、役職など配慮したお店選びが重要になってきます

比較的、会話を楽しみながら明るい雰囲気で飲みたいお客なら、居酒屋の雰囲気も明るめの賑やかなお店を選び、使用る方が効果的だと言えます。

逆に、お客の性格が比較的静かで、お酒などもしんみりと落ち着いて飲みたい人なら、明るい賑やかなお店ではなく、個室で店の空間も比較的落ち着いた静かなお店を選び、提供する必要があります。

ここを間違えると、お客の気分も損ねてしまう結果にもなり、商談などにも大きく影響したり、お客から見ると自分を理解してもらっていないとの考えも強くなったりすることもあるため、信頼関係にも大きく影響することはあるかもしれません。

したがって、お店の雰囲気選びはとても重要です。

相手の好みに合わせた和洋中居酒屋

和食居酒屋また、接待では和洋中など居酒屋の種類も重要です。

好きな食をチョイスし、お客の特性を考慮した店選びをし、可能なら初めていくお店であれば事前に自分が訪問して、お店の空間や様子など見てくることも必要かもしれません。

実際にホームページなどでみるお店の空間と、訪問して見える現実とでは違うお店もあるので、その点は事前に把握しておくべきです。

また、接待するお客の年齢なども、選定するお店を変わってくるので、注意する必要はあります。

年齢が高めのお客に対して、若い世代が通っているお店など選定してまうと、当日お客も来店するお客を見て違和感を感じたり、不快感を感じることもあります。

逆に、比較的年齢が若いお客に対しては、来店するお客が年配の方が多いと、変な圧迫感と落ち着かない心境にさせてしまうこともありますので、接待するお客の年齢層なども、事前に把握し、世代にあったお店を選定するのは重要です。

お店の雰囲気を気に入れば、普段話さない内容や情報など、気持ちが高揚することによって話してくれるきっかけにもなるので、注意を払いながらお店を選定しましょう。